Google Analytics Alternative CSS

てんしのつえ

Posted by ミツコ (MITSUKO) on 18.2010 0 comments 0 trackback
にほんブログ村 ポエムブログ 英語詩へ 人気ブログランキングへ


Call upon us at the very instant
that you become aware of hurtful thoughts or feelings.

We'll buoy your faith
that you're completely lovable,
likable, and worthwhile
just for being who you are right now.


118 Heal Insecurities
DAILY GUIDANCE FROM YOUR ANGELS
by Doreen Virtue (Hay House)


Daily Guidance from Your Angels: 365 Angelic Messages to Soothe, Heal, and Open Your Heart






*******************************
 

てんしのつえ



あるひ ぼくは 
いてもたっても いられなくなり

くものうえから とびおりて
ままに あいに いこうときめた


みんなが わすれかけている
たいせつなことを
おもいだしてもらうために


かぎられたじかんを
ぎょうしゅくして
さいこうに かがやいて
いきるために


きえそうになっている
ひかりを いまいちど
よみがえらせるために




くものうえから
いまこそ とびおりようと 
ふんばっていると



ふたりの てんしが あらわれて
ぼくに てんしのつえを くれた




こころが おれそうに
なっているひとを みかけたら


この てんしのつえを 
びゅんと ふって


ほんとうのじぶんを おもいだす
まほうの ひかりで 
つつんで あげてって




てんしは ぼくの せなかに 
しろく だんりょくにとんだ 
おおきな つばさも つけてくれた



とぶためでは ない


みちばたで うずくまり
いたみに くるしみ

いきたえそうに 
なっているひとがいたら


この つばさで
しばらく おおって


あらしが とおりすぎていくまで
ともにいて あげるようにと




ぼくは くものうえから
せかいを ながめながら


じぶんに なにができるのか
すこしだけ かんがえてみた


ほんとうに できることなんて
あるんだろうか



ぼくは ちょっとだけ
あしが すくんでしまったんだ


げかいにおりたら


もしかしたら
ぼくの あしは ひどく ほそくて
いっしょう たつことも
あるくことも できないかもしれなかった


もしかしたら
ぼくは しゃべりだすことが
ひどく おそくて

ままを すごく しんぱいさせる
かもしれなかった


もしかしたら
まわりの こどもたちとは
ひどく ちがうから

なかま はずれに されたり
いじめられるかも しれなかった



でもね
どんなときでも


ままが ボクを しんじて
かならず できるって 
かたく しんじて

ぼくの ひとみを まっすぐ
あたたかく みつめつづけてくれるなら


ぼくは ボクのなかの
ひかりを おおきく はなちつづけられるって


たくさんのひとを
このてんしのつえと つばさで


ちからづけてあげられる
って しってた



だから ぼくは 
おもいきって

くものうえから 
ままの ところに おりていこうと
きめたの



そう こんな ふうに

てんしが えふでを 
ふるったような


あかねいろに かがやく
ゆうやけこやけの そらのもとから








ミツコ


..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*



★書き続けていく大きな励みになります。
↓ 応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ポエムブログ 英語詩へ
人気ブログランキングへ


..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*





The Planet of the Mumps (おたふくの星)

Posted by ミツコ (MITSUKO) on 14.2009 0 comments 0 trackback

The Planet of the Mumps



One day a Mumpsian came down
from the planet of the Mumps.
He moved to Lena's ear.
She almost reached her sixth birthday.

That night, Lena's ears started to swell,
they hurt so much,
they felt like someone was tearing them off.
Her cheeks also swelled up like a balloon,
and tears fell down from her eyes.

When the fever was going down
and Lena felt better,
Mom gave her a shower.

But Mom laughed a little,
for Lena's face looked like a pentagon
and it was a little cute.


Fifteenth nights had passed,
the Mumpsian moved to Mom's ear.

Her face got so swollen
like a pentagon too.
Her body was screaming
with pain and fever.


But Dad was so busy with his work
and got home late around midnight.

So Mom was not allowed to come down with the mumps.
She had to take care of Lena and her brother,
prepare meals, and give them baths.
She did all the work alone as usual,
as if nothing had happened.


But the Mumpsian came to Mom's ear
to tell her an important thing:


You don't need to do
everything all by yourself.

Reach out for help
whenever needed.

Try not to close your heart and ears beforehand
by your own false belief.

Try not to believe you cannot miss work
because of responsibilities.
Once you really make up your mind to do something,
it becomes possible,
because everything will turn out the way you REALLY want.


Try not to be a tragic hero,
who bears the burden alone.

Try not to be disappointed
if someone does not behave
the way you expect.

Just tell a person honestly,
right in front of you,
what you REALLY want,
because God also put him there for you
between heaven and earth.


Open your heart and ears.

Reach your hand out,
accept everyone's love, already here.


One night in Mom's dream,
the whisperings of the still small voice
of the Mumpsian echoed in her ears.



MITSUKO


******************************

(Japanese)


『おたふくの星』



あるひ おたふくの星から
おたふく星人が おりてきて

もうすぐ 6さいの 
たんじょうびを むかえる
れなちゃんの みみに 
うつりすんだ


そのばんから
れなちゃんの みみは はれて 
ひきちぎれそうに いたみ
ほっぺも ふうせんのように はれあがり
なみだが こぼれた


ねつと いたみが ひいたときに
おかあさんは シャワーを
あびさせてくれたが

ごかっけいに なってしまった
れなちゃんのかおが すこしかわいいと
おかあさんは わらった


それから 15のばんを すぎると
おたふく星人は おかあさんの みみに
ひっこし した

おなじように おかあさんのかおは
ごかっけいに はれあがってしまい
おたふくかぜの ねつと いたみで 
からだが ひめいをあげた


でも おとうさんは 
しごとで いそがしく
あまり あてに できなかったので

おかあさんは ねこむ わけにもいかず
いつものように ごはんもつくり
れなちゃんと おとうとを おふろにいれ
かじも しごとも いくじも こなしていた



でも おたふく星人は
ほんとうは たいせつなことを
つたえようと やってきたのだ


なんでも かんでも
ぜんぶ じぶんで やろうとするのは
まちがいだよって


ひつようなときは いつでも
たすけを もとめて


じぶんだけの おもいこみで
こころと みみを
さきに とじてしまわないで


しごとがやすめないと
おもうのは じぶんの おもいこみ


いちど そうするんだって
きめてしまえば
ほんとは なんでも そうなる


ひとりで おもにを せおう 
ひげきの しゅじんこうやくに 
ならなくていい


だれかが なにかを 
してくれない と
ひそかに がっかり 
するんじゃなくて


ただ めのまえにいる ひとに
じぶんが こころから 
のぞむことを すなおに つたえて


だって 神さまが 
あなたのためにもと 
そのひとを 天と地のあいだに 
おいてくれたんだから


こころと みみを ひらいて
てをのばして

あたたかな こころを うけとって


あるばん ゆめのなかで
おたふく星人の ささやくこえが

おかあさんの みみに
やさしく こだました



MITSUKO


..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*

保育園に通う娘から 
お多福かぜ?をもらい
ダウンしていましたが、

やっと 完全に回復、 
元気になりました……☆


★書き続けていく大きな励みになります。
↓ 応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ポエムブログ 英語詩へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Someone Who Is Important to Me

Posted by ミツコ (MITSUKO) on 13.2009 0 comments

All children have a special place in their parents’ hearts.
My children, Lena and Ryota, are very precious and
have given me uncountable, meaningful experiences.

Today, I would like to share my story about my elder
daughter, Lena.


In my twenties, I had no plans to have children at all.
Even after I got married, I was too busy with myself,
pursuing my own career as a ballet dancer. However,
my life changed totally after my husband’s death.
When I came back to Japan and remarried, I realized
that I was entering into a different phase of life-learning,
and then, I chose to start a family.

However, it was not that simple: I underwent treatment
for infertility and had several miscarriages, but I never gave up.
On October 28, 2003; I could finally hold my long awaited baby,
Lena.

Yet, my life was full of challenges: I had complications during
the delivery, and Lena was born with a serious health problem
of anal atresia, a birth defect in which the rectum is malformed.
She also had a heart disease, but recovered in a miraculous way
after an operation at three weeks of age.

Lena will reach the age of six soon, and has been doing so well
that it seems as if nothing had ever happened and her birth
had been like that of other ordinary children. She has given me
priceless gifts which I could have never experienced if I had not
chosen to become a parent.

I am very grateful that she has helped me to grow so much
as a human being.


MITSUKO


★自分のこれまでの人生の中で、大切に想う人、
 出会ったことは、本当にありがたかったなと感謝する
 大切な人が何人かいます。

 とりわけ、子どもというのは、親にとっては、
 そうした人々の中でも かなりスペシャルな位置を
 占めていると思うのですが、

 今日は その中でも、上の娘のことについて
 書いてみました。

▲ top