Google Analytics Alternative CSS

背に生えた光の翼

Posted by ミツコ (MITSUKO) on 15.2010 4 comments 0 trackback

So when we concentrate
in our writing,
it is good.

But we should always concentrate,
not by blocking out the world,
but by allowing it all to exist.
This is a very tricky balance.

Writing Down the Bones:
Freeing the Writer Within
(p 80)
Natalie Goldberg (Author)
Shambhala Library


  書くことに集中しているなら
  それはけっこうだが

  ただし集中はつねに
  世界を閉め出すことによってではなく
  世界の存在を すべて許すことによって
  行わなければいけない
  それは非常に微妙なバランスを要することだ

   魂の文章術 (p 108)
   ナタリー・ゴールドバーグ (著), 小谷 啓子 (翻訳)
   春秋社; 新装版 (2006/3/20)


*******************************


背に生えた光の翼



変わることに
一切の罪悪感を
持つことなく


変わろうとする
内深くから湧き出でる
意志に 抗うことなく


ただ 
その来たる変化の波に
身と心をゆだねればいい




太陽が昇り沈むことを
誰も止められぬように

月が満ち欠けていくのを
誰も止められぬように



昨日生まれたとばかり思っていた
我が子の服が 
やがて どれも
つんつるてんになり
着られなくなっていくように



ついこのあいだ起ちあがり
よろよろ一歩を踏み出した
幼子(おさなご)の小さな靴が
やがて どれも履けなくなり

地平線の彼方まで歩いてゆける
魔法の靴に変わっていくように



変わり移りゆくことを
誰も 止めることは
できないのだから




変わることに
何ら罪悪感を
もつことなく


いまは
必要なくなった
古いものは

有難く感謝して
脱ぎ捨て手放してゆき



未知なる大空へ 
心豊かに 
思いのままに 

腕を伸ばし 
翔び舞いあがって
ゆけばよい



そのとき 
きっと

自分の背には
生まれながらに

光の翼があったことを
想い出す




MITSUKO


..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*



★書き続けていく大きな励みになります。
↓ 応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ポエムブログ 英語詩へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*




yassepochi さん

こんにちは、いつもご訪問、応援
本当にありがとうございます。

そうですか……お父様の納骨が
無事済んだのですね、ひとつ終わりましたね。
お墓も 海が見える
とっても景色の良いところとのこと、
その光景、お父様が喜んでらっしゃる様子が
浮かんでくるようでした。

yassepochi さんとお嬢さんの関係
多感期で 親としては いろいろ心配、
思うところもあるかもしれませんが、
いつも うらやましいなあと 思っています☆

なんというか、わたしも 
そういうお父さんとの絆――ほしかったです(^^)
何も喋らなくても いつもそこに 
どっしり温かく背後に 控えてくれているみたいな。

わたしは多感期は 最初の義父と うまくいかず
いつも顔色 うかがってましたから。。。
でも 今振り返ると そんな こんな時期も
あっという間に 過ぎていって 
自分が親になってしまいました(*^_^*)
2010.03.20 11:14 | URL | MITSUKO #- [edit]
今日 父親の納骨が 無事終われました
ボクの田舎は 瀬戸内の島なのですが
穏やかな波を 一望できる 高台のお墓に
親父は 戻っていきました

きっと いまごろ おじいちゃんや 兄弟と
酒を 酌み交わしていることでしょうね

ご心配を おかけしましたが
これで 一安心しました

親の次は 子供ですね
むすめも 今 多感期でして
父親としては なかなか 難しいです
扱いがね
見守るしかないですね
善良な アッシー君としてね
2010.03.19 23:21 | URL | yassepochi #- [edit]
yassepochi さん

出張で とっても忙しく 
駆けまわっていらっしゃるなか、
コメントまでくださって 
本当にありがとうございました<m(__)m>
そうですか、今日は 
静岡近辺なのですね(^^)

最近、何気ない 日常の子どもの姿に、
はっと 大切なことを思い出させて
もらうことが よくあります。

自分が当たり前だと思っていることが
彼らにとっては そうじゃないとか。。。

あるいは、なぜ そうなのかと 
説明するときに、いままでの自分の生き方や考え方を
改めて まざまざと 確認するみたいな。

もうすぐ 上の娘の保育園・卒園式です。
きっと ボロボロ泣いちゃうでしょう……(苦笑)☆

2010.03.16 20:31 | URL | MITSUKO #- [edit]
MITSUKOさん

そうです どんどん 子供は大きくなります
そして 親を超えていきますよ
懐かしんで とっておくのもよし
でも 思い切って捨て去るのも 
よしだと 思います
子供は どんどん 過去を捨てて
大きくなっていますからね
それより 思ったより
しっかりしている 子供の気持ちを
受け止めてあげてくださいね
親が思ったより 大人になってますよ

明日は 久々に静岡です
お近くに 行きますよ
2010.03.15 23:21 | URL | yassepochi #- [edit]


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://mitsuko44.blog128.fc2.com/tb.php/39-86683120
▲ top