Google Analytics Alternative CSS

ただ無心に、踊りはじめたころ

Posted by ミツコ (MITSUKO) on 29.2010 2 comments 0 trackback


Anything which binds,
which cramps the soul,
which prevents it
from having full expression,
must be swept away.


  "TEACHING OF SILVER BIRCH" (p91)
   edited by A.W.Austen/
   The Spiritual Truth Press


 魂を 縛りつけるもの 
 魂に 足かせをはめるもの

 魂が 輝き ほとばしろうとするのを
 阻むものは すべて 捨て去らねばならない


       【translated by ミツコ】


*******************************



『ただ無心に、踊りはじめたころ』



まだ家人 寝静まる早朝に
ひとり家を抜け出し
近くの河川敷まで歩く。


何がそんなに
心地よいのか


無心になる

それは何かの
夢心地に似ていた。


ただ 無心に
踊り始めたころ

とうに忘れかけていた
記憶の断片が
わたしの胸に蘇り

命の息吹を
いまいちど ほとばしらせたのだ。



*****



最近では テレビのインタビュー番組などにも 
フツウに登場する
バリバリで 才能豊かな天才ダンサーの方々とは違って、

わたしは一般庶民型のペーペー、
コールド専門のバレエダンサーだったが、

8歳のころから25年間ほど、
ずっと踊っていた時期があった。


渡米留学したのも、
バレエをもっと勉強したかったから。

「踊りで食べていける」チャンスのある土壌、
懐の深いアメリカという国で

自分を精一杯
試してみたいと思ったからだった。


バレエを習いだしたのは、
小学校2年生のころで、

3歳から習い始める子ども達も多い中で、
わたしは遅いぐらいだった。


当時「赤い靴」という、
バレエを題材にしたテレビ・ドラマが流行っており、
わたしはその番組が大好きだった。


小学校1年生のころには
学校から帰ってくると、

白い上履きをトウシューズに見たて、
コンクリートのテラスの上で、
隣家の女の子と、つま先だって
毎日バレエのお稽古ごっこを楽しんでいた。


そんななか、母の知人宅で、
モダンバレエの先生が教室をひらくことになった。

最初、生徒はその家の女の子とわたしだけ。

クリスマスも近い
ある12月の晩に
わたしはその家の
洋間の片隅で 踊り始めた。


やがて生徒も増えて、1年ほどしたころ、
先生が赤ちゃんを産むというニュースが伝わった。

みんな熱心に通っていたので、
お稽古場を閉めるのは
もったいないということになり、

その先生が、近隣地域に、
いくつもお稽古場をもつ
クラシックバレエの先生をさがしてくださり、
お稽古はその先生にバトンタッチされた。

そして、わたしは、ますます踊りに
のめりこんでいき、バレエのお稽古は
何ものにも代えられない喜びとなった。



小学校3年生の7月に父が急死する。

まだ大きなショックに打ちひしがれているなかで、
29歳だった母は、わたしと3歳違いの幼い妹をかかえ、
必死に生きていかねばならなかった。

母は、結婚前に務めていた職場にもどり、
事務経理の仕事を男性並みに夜遅くまでバリバリとこなし、

週末はダスキンの配布交換スタッフとして
自転車で地域の家庭をまわり、
休む間もなく働いていた。



そして、ある日
わたしは母に呼ばれた。


当時、バレエの他に珠算と習字を習っていたのだが、
珠算や習字は、なにかの役に立つかもしれない、
でもバレエはそうじゃないから、

お父さんも死んで
お母さんひとりで働かなければならなくなって
家計がすごく苦しい、

だから悪いけれど、
バレエはやめてくれないか、

そう母は済まなそうに告げた。



「うん」



母の大変さを
よく知っていたわたしは、

そんなこと何でもないように、
素直にうなづいた。


子ども部屋の六畳間にもどると、
わたしは頭から蒲団をかぶった。


そんなこと、
なんともないはずなのに、

目のふちいっぱいに
涙が盛り上がってきて、

後から後から、
涙がボロボロ出てきた。



しばらくして、
心配した母が
わたしを見に来た。


声をあげないで、
ただボロボロぼろぼろ……

泣いている娘の姿を
哀れに思ったのかもしれない。



母は、ベッドの枕元に
しばらく無言で腰掛けていたが、

とつぜん意を決したかのように、


「わかった……」
「お母さん、その分がんばって働くから」
「だから一生懸命やりなさい」

そう言って部屋を出て行った。




その後、中学後半からは
わたしはバレエ一本に絞り、
毎日のように、厳しい稽古をうけ、

日曜日は、静岡から東京へ
稽古に通うようになった。


高校時代は、午後の授業は早退し、
東京のバレエ学校へ、週4、5回通い、
試験勉強は、各駅停車の東海道線の中で行い、
帰りは毎晩、最終の東名バスで帰ってくるような
日々を繰り返すようになった。


母は嫌な顔もせず、
バス停からの夜遅い道を歩く娘を気遣って
妹といっしょに、大きな懐中電灯をもって
迎えに来てくれた。


まさか、そのころ母は、
わたしが渡米するとは
思ってもみなかったことだろう。



踊ることイコール
自分の人生のすべてだと思いこんでいた
蒼く淡い時代もあった。


ただただ、無心になって踊っていた、
遠いむかしの、わたしの記憶の断片だ。




今は まったく踊りから
離れてしまった自分がここにいる。



否、わたしは 踊ることを
止めたわけではなかった。



自らを外に向かって
解き放ち 表現しつづけること――


それは 私にとって 
踊ることと 同義だった。




MITSUKO



..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*



★書き続けていく大きな励みになります。
↓ 応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ポエムブログ 英語詩へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*


Category : Myself (自己)

yassepochi さん

コメントありがとうございました(^^)
母には ほんとうに深く感謝しています。
これからは わたしが応援する番だなあと強く思います。

バレエ、踊ること って なんだろう…… 
自分の核みたいに なってる部分があるのかなと
これを書いて あらためて 思いました。

踊りは、そのむかし 教えていたときもあったのですが、
もっと原始的な意味?の踊り、 
純粋に無邪気に子どものように歌い踊るみたいな
楽しむための踊りを、これからはしてみようと思っています。

yassepochi さんは
ソフトバレーをされているんですね(^-^)
わたしも 中学の部活が バレーボールでした(笑)。
母がそういえば昔ママさんバレーをよくやってましたっけ。
母、妹、私も、陸上競技とか運動することが大好きな家族でした。

わたしも またもっと身体を動かして いい汗をかこうと思います♪
いつも応援ありがとうございます……☆

MITSUKO

2010.01.30 07:41 | URL | MITSUKO #- [edit]
MITSUKOさん

バレー やられてたんですね
結構 お金がかかると 
娘のお母さんから 聞いてます
お母さん 苦労されたと思いますよ
でも 自分の天職が見つかったわけですから
すばらしいですね お母さんに感謝です

今からでも もう一度 
始めてみては いかがですか

楽しむための バレー もしくは
指導者としての バレーを。。

バレー違いですが ボクは
週末 おっさん&おばはんソフトバレーを
楽しんでます 生涯スポーツとして
女房のお母さんと 一緒にね
楽しいですよ
職業じゃなくて 気楽にやる
趣味は いいものです
今週の日曜日は ソフトバレーで
汗かいてきます

先週 忙しすぎましたからね
2010.01.29 23:31 | URL | yassepochi #- [edit]


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://mitsuko44.blog128.fc2.com/tb.php/33-9a4ac489
▲ top