Google Analytics Alternative CSS

At Great Depths of the Ocean (深海の底で――綿津見三神・わたつみさんしん)

Posted by ミツコ (MITSUKO) on 13.2009 4 comments 0 trackback

At Great Depths of the Ocean


Beyond the edge of the horizon,
a crest of the sun began to appear.

Beyond the sandy shore
where ancient gods frolicked,
the vast ocean beneath a blue dome
spread out, and the foaming waves
lapped onto the beach.


From the crest of a wave,
the Three Watatsumi Gods,
the gods of sea emerged.


Like the ancient people of the sea,
the masters of diving,

now I immerse myself
in the bosom of the ocean
to go meet the gods of the sea.



At great depths of the ocean,
serene lights from the celestial world
were wavering and glistening,

and I saw a sacred shrine that lay there
through the eternal time stream.


When I passed through
the first Torii gate,
I found another one,
the second Torii stood in the back,
leading to the inner shrine.


Suddenly, a feeling of nostalgia
filled my heart, and
tears welled up in my eyes.


In the innermost section of the shrine,
the gods sat in a circle where
a pentagram was drawn on the floor,
I was guided to sit in the middle.


I joined my palms together.
After breathing out
like a thread of a spider,
I reached the great depths of the ocean
with myself and the gods.


Inside of a small treasure box
with wooden warmth,
I was handed,
the Kin-in Gold Seal
on which a phoenix was engraved.


I watched the phoenix
come to life again in the palm of my hand,
spread his mighty wings,
and grandly soaring into the serene lights
of the celestial world.


I just watched the bubbles
from my mouth float upward,
to the glittering surface of the sea.



If I find what my heart desires the most,
I will set sail for the oceanic vastness,

because I found my Gold Seal
at the great depth of the ocean,
engraved with Who I Am.


To discover my core essence
must be the same
as discovering the universe.

Just watch what comes
from the oceanic vastness.


The Three Watatsumi Gods,
the gods of sea emerged
from the crest of a wave,
and navigated me through
my Voyage of Life.



MITSUKO 


******************************

(Japanese)


『深海の底で――綿津見三神(わたつみさんしん)』



水平線の彼方から
昇りくる
太陽のかけらが
見えた


神 遊ぶ瀬と呼ばれる
浜のさきには

猛々しい風に煽られ
打ち寄せる白波と
どこまでも繋がりゆく
青空が在り

白く砕ける波頭からは
海の神、綿津見三神
(わたつみさんしん)が
顔をのぞかせていた


古代に名をはせた海の民
漁(すなど)りのように

母なる大洋に身をゆだね
その懐(ふところ)へと
沈みゆく



悠久の時を経て 
今も海の底に 眠る 
聖なる社(やしろ)


深海の底には

穏やかな光が 
天上から差し込み
煌めき 揺らめいていた



一の鳥居を 
くぐりゆくと
その奥には 
二の鳥居が見え

なつかしい人々に
出迎えられたような心地がして
涙あふれそうになった


通された
奥の間の床には 
五芒の星の紋が描かれ
神々が円陣を組み 
座しており

中に座るよう
うながされる


両の手のひらを
おしいだくようにしてから
胸の前で合わせ

蜘蛛の糸のように
息を吐きだしていきながら

いまは神々が集う
深海の底に達しゆく


差し出された
あたたかな 
ぬくもりにつつまれる
木箱のふたを 
そっと あけてみると

中には 金色(こんじき)に輝く 
印がおさめられており

不死鳥が 刻まれていた


彼は わたしの手の中で
息を吹き返したように
姿を浮かび上がらせ

翼を大きく広げ
力強さを増しながら

頭上から差し込む光
日輪のなかに  
立ち昇っていった


わたしは 
自分の口からでる
空気の泡が 

光る水面を目指し
昇っていくのを
見つめていた



本当に 今 自分が
心から望むものが 
みつかったなら

大海原の彼方へと
船を出せば良い


なぜなら

深海の底で
金色(こんじき)に輝く印に
刻まれる 己の証しなるものを
見つけたのだから


己の本質を知ること

それは この
宇宙を知ることと
同じはず

ただ見よ
大海原の彼方から 
来たる ものを

 
海の神、綿津見三神が
波間から 顔をのぞかせるように
旅路を 力強く見守ってくれていた



MITSUKO 


..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*



★書き続けていく大きな励みになります。
↓ 応援クリック、どうぞよろしくお願いします♪

にほんブログ村 ポエムブログ 英語詩へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


..。o○☆*゜¨゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*:..。o○☆*゜..。o○☆*゜¨゜゜゜○☆*゜¨゜゜・*:..。*


Category : Sea (海)

ピュアさん、

コメントありがとうございます☆

海ですね……
わたしは 泳ぎは得意ではないんですが、
眺めていると、本当に
自分の存在がそこに溶け込んでいくような、
すごく懐かしい心地がして
時間を忘れて 見入ってしまいます。

むかしNYで貧乏留学生?をしていたころ
海を遠く眺めて、

ああ、もしここを歩いていけたら
日本にたどりつけるのかもなあ、
なんて よく郷愁の想いにもかられました(^^)。
2010.01.11 09:09 | URL | MITSUKO #- [edit]
すべての命の源

言葉もなくすくらいに
自分の存在すら忘れてしまうくらいに

いつまでも眺めていたいことがあります。

空も好きですが海も好きです。
ダイビングすると
ぞっとするほど綺麗な海に出会いますね。

2010.01.10 13:41 | URL | ピュア #LWshcgts [edit]
yassepochi さん

こんにちは、
ご訪問、コメントありがとうございました。

これは、どこのお話か……

正確には フィクションなのですが。。。
自分の脳裏に浮かんできた
キーワードとヴィジョンから
つくった詩、クリエイティブ・ライティングです。

この詩を書いていた10日間前後、
強く 来ていたキーワード、
映像のようなものがありました。
「海」「綿津見三神」「玄界灘方面の海」です。

そこから、いろいろ調べ物をしたり
刺激されて、さらに発展し、
紐解いて、読みほどいていって
できたような詩です。(^^)

ここではありませんが、
千葉には、日本唯一の海底神社、
(波左間海中公園) があるようですね(^^)
わたしも知りませんでしたが。

yassepochiさんは出張からお戻りに
なられたばかりとか、おつかれさまです。

わたしは、
ちょっと前に「おたふくの星」という
詩を書いたのですが、

こんどは、上の娘、私自身に引き続き、
ちょっと間をあけて 2歳の息子が
おたふく風邪を発症?しました。。。
保育園で大流行しているのです。

私自身も、風邪なのか体調が良くない中、
看病にあけくれている毎日なのですが、
健康って ホント何をするにしても
大事な資本だなあと痛感しています☆
2009.12.19 10:21 | URL | MITSUKO #- [edit]
Mitsukoさん

お久しぶりです
ボクは 北関東への長い出張から
今 疲れ果てて 帰ってまいりました

これ どこのお話なのでしょう?
海底に 神社があるのですか?
竜宮城なのかな?

英語で表すと やっぱり 
違う絵が 目に浮かびます
色がついてます
熱帯魚のね

日本語だと タイと ハマチと
ひらめと チヌですかね?

何とも不思議な 妄想 ありがとうございます
2009.12.17 23:48 | URL | yassepochi #- [edit]


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://mitsuko44.blog128.fc2.com/tb.php/30-25ec73d9
▲ top