Google Analytics Alternative CSS

My Eager Soul Is Never Confined to Time (熱い想いと魂は)

Posted by ミツコ (MITSUKO) on 14.2009 0 comments
Everyone has 24 hours each day and we may easily feel
pressed for time. However, I believe what we need to do is
to find how to organize our time in the most creative way.
What I always try to do is to make the most of my spare time.
Here is how I spend an ordinary weekday.

At 5am the first thing I do in the morning is to meditate.
I get some inspirational thoughts for self-guidance.
That is my morning ritual: to integrate myself and get ready
for the entire day. After that, I concentrate on writing and
study translation.

When the clock turns to 8am my hectic schedule starts.
I send my husband off to work and wake up my little children
who still need a lot of my assistance. At 9am I drive them
to nursery school and jump straight back home.
I finish the housework quickly and set myself to work.
I stay in high gear for the rest of the day.

At 4pm my evening schedule starts. After I rush to pick up
my children, I am swamped by taking care of them, cooking dinner,
feeding them, giving them a bath, and finally tucking them into bed.
Around midnight, my husband comes home and I serve him dinner.
Then my busy day comes to an end.

Being myself, a mother and a wife all at the same time means that
I have no day-off. However, I never struggle with time. For me,
time exists for the purpose of making the best of my life and
it lets me harness my potential to the fullest.

My eager soul is never confined to time.


MITSUKO


**********************************************
↓ This is not the exact translation of the above essay.
I just tried to express myself and my thoughts freely
both in English and Japanese.
**********************************************


「熱い想いと魂は」

          
もしかすると、近い未来には、
変わるんじゃないかと思っているけれど、

今のところ、1日は24時間
ということになっていて、

ともすると、常にアクセク、
時間に追いまわされているような
感覚に陥ることが多い。

やることを1つでも減らせばいい、
と夫はよく言うが、
 
仕事も、家庭、育児も、自分育ても
とにかく「今、この瞬間」
自分を成長させるものは
全部並行してやりたい私にとって、

いかに限られた時間をオーガナイズするか、
自分がもつ創造性を 最大限に発揮するか、
物事を苦労して こなすんじゃなくて
それを味わいながら 楽しむ方法を見つけることは
非常に重要だ。


先日、ふと思った。

1日24時間の時間というものは、
ある意味、自分が自分自身に対して
限定した枠のようなものじゃないかと。

時間とは、自分を縛るためにあるんじゃなくて
その限られた中で、いかに自分の本質を凝縮し、
濃密に ほとばしらせて生きるか、
どのように 自分の思考を具現化するか、

時間とは、本当は 
そうしたゲームを楽しむために、自らが課した
自分を前に押し出すための
ツールの一つじゃないかなと、
改めて思ったのだ。

私自身であること、母親であること、
妻であることには、当たり前だが
24時間、休みはない。

母、妻、自分の三身一体のフル活動で、
休みなく、猛烈に忙しく、
今日も駆けずり回る。

でも、私は時間と 
格闘することはない。

2歳の息子と5歳の娘、
イタズラと自己主張が真っ盛りの
彼らの子育ては大変で、
ときにイライラ、ガミガミと、怒ることもある。

でも、私にとって
彼らは、親と子、というより、
「仲間」みたいな 感覚の方が強い。

友達みたいな親子というのとも違う。

「仲間」なのだ。

私にとって、時間とは、
自らが決めた、限定した枠の中で、
自分自身を最大限に活かし、生きるために
ただ存在する。

私自身の 熱い想いと魂は、
これまでも、そして これから先も、
時間という 限定された枠の中には
決して とどまることは ない。


MITSUKO 



  • password
  • Only the blog author may view the comment.
▲ top